【FF14】帰宅難民になって思い出した話

FF14から学ぶ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

先日のパッチ5.5の実装時にある1つのバグが生じました。

それは「ワールド間テレポで、自分のサーバーに帰れない」現象です。

『FF14』ワールド間テレポの不具合で帰宅難民が発生。「畑の水やり代行」を中心に善意の輪が広がる | AUTOMATON
『FF14』でワールド間の移動システムに障害が発生しており、自分のホームワールドに帰ることができない「帰宅難民」が生まれている。一方で、プレイヤーたちの間に助け合いの輪が広がっているようだ。

現在はメンテナンスも入り、この不具合は解消されています。

はーとん
はーとん

私はこのニュースをみていくつかの出来事を思い出しました。

今日はそんな実際にあったリアル帰宅できない難民のお話です。

スポンサーリンク

旅行会社倒産で帰れない

真っ先に思い出しのはこの「てるみくらぶ」という旅行会社が倒産して、帰れない人々が出たニュースです。

【衝撃事件の核心】てるみくらぶは禁断の「粉飾くらぶ」 逮捕2日前、「カネ返せ!」怒号飛び交った債権者集会
今年3月、経営破綻状態となり、一斉に航空券が発券できなくなった「てるみくらぶ」(東京)。虚偽の決算書に基づき金融機関から約2億円をだまし取ったとする詐欺容疑で逮…

実際に、何の連絡もなく倒産手続きに入り、海外旅行中の旅行者たちはそのままという出来事です。

赤字販売を続けてきたツケが溜まった結果と、ニュースは伝えてあります。

はーとん
はーとん

この場合は各自で航空券を手配すれば帰国できるのでしょうが…

ワールド間テレポの不具合とは多少違いますが、記憶に新しい出来事だったので、こちらが思い浮かびました。

自分の国が無くなって空港から出られない

自分のワールドに帰れないというは、自分の故郷に帰れないと同義です。

そこで思い出したのは「ターミナル」という映画です。

Amazon.co.jp: ターミナル (字幕版)を観る | Prime Video
言葉の分からない空港で足止めされた男。1ヶ月目――仕事をみつけ、2ヶ月目――友人を作り、3ヶ月目――恋に落ちた。そして9ヶ月目――ニューヨークに来た理由が明かされる…… ニューヨークJFK国際空港に降り立った東欧のクラコウジア人、ビクター・ナボルスキー。彼の祖国はクーデターによって事実上消滅し、パスポートも無効になって...

これは旅行先の空港についた主人公が、自国のクーデターによりパスポートが無効状態となってしまい、空港から出られなくなるという話です。

はーとん
はーとん

これもちょっと状況は違いますが、空港から出られない・自国に戻れないという点でこの映画を思い出しました。

結末を忘れてしまったので、もう1回見ようかなぁ

鎖国実施時の日本

これは歴史的な出来事ですが、1649年に3代目江戸幕府将軍徳川家光は鎖国を完成させます。

当時日本は「朱印船貿易」といって、東南アジア中心に貿易を行っていました。

また、幕府は「5年以上海外に住んでいた者の居住を禁止する」法令もだしていきます。

そのため、帰ってこられなかった日本人も多かったようです。

はーとん
はーとん

国に帰って来られなかった人たち…これも思い出されました。

不可抗力という点も似ています。

しかし、こうした鎖国状態のワールドの中で、オンラインゲームならではの温かい現象も見られています。

『FF14』ワールド間テレポの不具合で帰宅難民が発生。「畑の水やり代行」を中心に善意の輪が広がる | AUTOMATON
『FF14』でワールド間の移動システムに障害が発生しており、自分のホームワールドに帰ることができない「帰宅難民」が生まれている。一方で、プレイヤーたちの間に助け合いの輪が広がっているようだ。

自分のワールドに帰れないため、畑の水やりを誰がやるのか?という問題に対して、プレイヤー同士がパーティ募集を通じて代理で水やりを行うというものです。

ハウジングの庭にある畑は誰でも水を与えることができる。

こうしたところがなんともオンラインゲームっぽくて好きです。

特にFF14は民度が高めだと思っているので、こうした現象が起こりやすいのかもしれません。

はーとん
はーとん

すでにメンテナンスも終わり、ワールド間の鎖国状態も解かれました。

珍しい不具合でしたが、今後も運営さんには頑張ってもらいたいところです。

この記事がよかったらクリックお願いします
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました