FF14の全サントラが500円で聴き放題! >>

【FF14がある生活】エンドコンテンツから離れた理由

FF14の日常
スポンサーリンク

光の戦士のみなさんこんにちは、はーとんです。

さて…予備校業界は今が一番忙しい時期といえます

特に夏期講習は受験の天王山と言われている通り、ここでの勉強が志望校を1ランク上げられるかの分かれ目です。

「行けるところに願書を出すのではなく、自分の可能性に賭けてチャレンジするのが受験

と、常々生徒には言っています。

はーとん
はーとん

保護者の方も、行けるところに行かせるつもりであれば塾は不必要ですからね。

そのため、私自身も頑張りますし、生徒も頑張ります。

しかし、その分FF14のイン率はめちゃめちゃ下がります…今はナギ節でもあるので余計にです。

実際、自分がエンドコンテンツから距離を置き始めたのも仕事が原因です。

夏や冬のタイミングで練習することができなくなるため、自然と足が遠のきます

特に冬にパッチが実装されると、尚更です…2月の受験シーズンまでまとまった時間を取ることができないので、エンドコンテンツのプレイは不可能に近いです。

精神的にも、受験期は生徒もそうですが講師も疲弊しています(顔や態度には出しませんが)。

そうした精神状態で、エンドコンテンツをプレイすれば自ずと結果は知れています。

今度のパッチ6.0以降も12月にエンドコンテンツである「万魔殿:パンデモニウム」が実装予定となっています。

多分、これもプレイすることは難しいといえるでしょう…

はーとん
はーとん

夏期講習もまもなく折り返し…今月中には機工士のレベルをカンストしたいものです。

しかし、やりたいゲームも多々ありログインするのがさらに難しそうになりそう。

特に最近でた「真・流行り神3」は現在とてもプレイしたいゲームの1つです。

真・流行り神とは、都市伝説をモチーフに起こる事件を「オカルト視点」「科学視点」どちらかのルートで解決していくアドベンチャーゲーム。

はーとん
はーとん

都市伝説が好きな方には本当にオススメのゲームです。

ただし「真・流行り神」の1作目だけは本当に駄作なのでプレイする必要はありません。

さて、以上のことから今月もかなりFF14のイン率が下がると思いますので、この場を借りてマスターに報告しておきます(笑)

この記事がよかったらクリックお願いします
タイトルとURLをコピーしました