【FF14】『FFタクティクス』松野泰己&『FFXIV』吉田直樹対談はもう読んだ?

FF14インタビューまとめ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

本日から新しいカテゴリーとして「吉田Pのインタビュー記事」をまとめて紹介する記事を書いていこうと思います。

第一弾は「『FFタクティクス』松野泰己&『FFXIV』吉田直樹対談

この記事を皆さんは読んだことはありますか?

『FFタクティクス』松野泰己✕『FFXIV』吉田直樹対談──もはやゲームに作家性は不要なのか? 企画者に求められるたったひとつの資質とは?
当初はパソコンマニアたちのホビーから始まったビデオゲームは、1990年代に入るとその姿を大きく変えようとしていた。団塊ジュニア世代を中心とした急速な市場の拡大と、高い表現力を持ったコンソール機の登場は、それまでのジャンルでは見たこともない革新的な表現を生み出す土壌を整えた。ゲームは単なる子どもの遊びの範疇を超え、音楽・...

電ファミニコゲーマー」さんの記事になりますが、大変興味深く読ませてもらいました。

実際に松野泰己氏は「伝説のオウガバトル」から「タクティクスオウガ」、そして「FFタクティクス」のゲームクリエイターで、現在はFF14のシナリオを一部手掛けています

美麗なグラフィックと共に濃厚な物語が展開される

その松野氏とFF14ディレクター兼プロデューサーの吉田直樹氏の対談は大変見ものです。

この記事の副題が「もはやゲームに作家性は不要なのか? 企画者に求められるたったひとつの資質とは?」となっています。

かつて、「ゲームクリエイター」と言えばドラゴンクエストシリーズの生みの親「堀井雄二」氏だったり、「かまいたちの夜」の「中村光一」氏(現株式会社スパイク・チュンソフト取締役会長)だったりが有名でした。

堀井氏は今でも現役のクリエイター

現在のゲームクリエイターでは(堀井氏はまだまだ現役ですが…)この松野氏と吉田氏がゲームクリエイターの両雄だと私は思っています。

この記事は「タクティクスオウガ」をプレイした世代であれば、どストライクな記事になっています。

ぜひ一度読んでみてもらえればと思います。

この記事がよかったらクリックお願いします

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました