FF14の全サントラが500円で聴き放題! >>

【FF14】音と物語の融合 祖堅&石川氏の楽曲制作インタビュー

FF14インタビュー
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

本日はインタビュー紹介で、皆さんおなじみのサウンドディレクターである祖堅正慶氏と、FF14のシナリオを手掛ける石川夏子氏のロングインタビューになります。

また、このインタビュー並びに本日の記事はパッチ6.0のネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意ください。

【FF14】物語と結びついた楽曲制作の秘話を祖堅正慶氏、石川夏子氏に訊く! 最新サントラ『ENDWALKER』発売記念インタビュー前編 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
スクウェア・エニックスのオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』(FF14)において、『暁月のフィナーレ』を彩った楽曲が収録されたサウンドトラックが、2022年2月23日に発売される。本稿では発売を記念し、サウンドディレクター・祖堅正慶氏とリードストーリーデザイナー・石川夏子氏のインタビューをお届け。
はーとん
はーとん

この記事は前編と後編に分かれており、本日は前編の紹介です。

非常に長いインタビューとなっており、読み応えは抜群です。

特に読んで欲しい話は「ゼノスとの殴り合いでは流す曲が決まっていた」ことや「曲を増やしたくて増やしているわけではない」など、楽曲製作の裏側が目白押しです。

FF14は物語と音楽が密接に結びついるゲームです。

だから物語の数だけ音楽がある。

それがよく分かるインタビューでした。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
タイトルとURLをコピーしました