【FF14】漆黒のヴィランズのこれまでとこれから

FF14インタビューまとめ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

本日は吉田直樹のインタビューまとめ第20弾!漆黒のヴィランズのこれまでとこれからを吉田Pが語っています。

そのため、このインタビュー記事は漆黒のヴィランズについて多くを語っていますので、ネタバレになる場合があります。

まだ漆黒のヴィランズをクリアしていない場合は、ご注意ください。

「漆黒のヴィランズ」のこれまでとこれからについて。「ファイナルファンタジーXIV」吉田直樹氏と織田万里氏への合同インタビューをお届け
 2019年8月27日にサービス開始から6周年を迎えた「ファイナルファンタジーXIV」。ドイツのケルンで開催されたgamescom 2019で,本作のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹氏と,世界設定/メインシナリオライターの織田万里氏への合同インタビューが行われたので,お届けしよう。

パッチ6.0も発表されましたし、ここで一度この記事を読んでみると良いです。

どのように思って、漆黒のヴィランズを作っていったのか、また、パッチ5.x以降について吉田Pが触れています。

はーとん
はーとん

特にインタビューの後半がパッチ6.0のことを指しているのだと推察されます。

また、インタビューが面白いことを言っていました。

――今が太陽系の規模だとすると,今後銀河系の規模まで大きくなるといったことはないですか。

 吉田氏:それはないと思います。でも拡張パッケージ8弾とかになると,そうなっているかもしれないですね。オメガが飛んできた惑星まで行っている可能性も……さすがにないかなぁ(笑)

4gamer.net「漆黒のヴィランズ」のこれまでとこれからについて。「ファイナルファンタジーXIV」吉田直樹氏と織田万里氏への合同インタビューをお届けより

流石に銀河系まではいかないとしても、惑星間まで話が飛躍するととんでもないことになりそうですね。

実際に宇宙戦争まで飛躍した物語…ありだと思っていますよ(笑)

この記事がよかったらクリックお願いします

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました