スポンサーリンク

【FF14】吉田直樹が「よしだぁぁぁぁ」を語るww

FF14インタビューまとめ

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

パッチ5.4が公開され、私自身の忙しさもあり本日もインタビューまとめ記事になります。

今回のインタビュー記事はタイトル通り「酷評から成功へ転じたFFXIV、P兼Dの吉田直樹さん「よしだあああぁ」を語る」という内容です。

酷評から成功へ転じたFFXIV、P兼Dの吉田直樹さん「よしだあああぁ」を語る | 朝日新聞デジタルマガジン&[and]
『ファイナルファンタジーXIV(FFXIV)』という多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)をご存じだろうか。スクウェア・エニックスの人気ファンタジーRPGシリーズの一作で、最近ではドラマ「ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」(毎日放送制作)に登場した。プレイヤーは、自分のキャラクターのレベル...

これは記事のタイトルだけで笑えて来てしまいます

そもそも「よしだぁぁぁぁ」とはFF14内でバグなどがあった際にプレイヤーで叫ばれるセリフです。

実際にこれはFF14内外に広がり、ネットスラングになりつつあるように思えます(FF14関係ないのに他ゲームで不具合に対して叫ぶなど)。

アスキーアートも作成されており、光の戦士は事あるごとに「よしだぁぁぁぁ」と叫んでいるのがFF14です。

今回の記事では吉田氏自身がなぜここまでプレイヤーとの距離が縮まったのかを、インタビューで答えています。

やはりそれは「特殊な事情で始めた、丁寧な情報発信」によると述べています。

もちろんこれは旧版FF14から新生FF14に至る際に始めた「プロデューサーレターライブ」のことを指しています。

今では他社もこの形態を真似てしている

そしてインタビューはプレイヤーの意見のフィードバックや、今後のFF14の展望について話が移っていきます。

この記事は3年前の2017年の記事で、ちょうど「紅蓮のリベレーター」が拡張で発売された時期で、プレイヤー数が増加したことに対して、吉田Pは次の解答をしています。

まだまだ新規プレイヤーが増え続けています。そのため、ピークアウトはもう少し先に想定して、まだ上に行けるなら、もっと上を目指そうと考えてます。

朝日新聞 「酷評から成功へ転じたFFXIV、P兼Dの吉田直樹さん「よしだあああぁ」を語る」より
はーとん
はーとん

実際に有言実行で現在の「漆黒のヴィランズ」では登録者数は2000万人を突破しているとのこと。

最近はこういったインタビュー記事が少ないので、今後のFF14における展望をどこかで語ってもらいたいものです。

この記事がよかったらクリックお願いします
タイトルとURLをコピーしました