【FF14】光の戦士歴7年目が語る ワンタイムパスワードの重要性

FF14から学ぶ
スポンサーリンク

みなさんはワンタイムパスワードを入れていますか?

そもそも初心者の方は

ワンタイムパスワードとはなんですか?

状態だと思います。

実際にワンタイムパスワードは

ログイン時にもう1つパスワードを入力するものです。

赤丸のところにもう1つパスワードを入れます

「ただでさえ、毎回ログインの時にパスワードを入れるのが面倒なのに、またさらにパスワードをいれなくちゃいけないの?

と思われるかもしれませんが、

FF14ではワンタイムパスワードは必須です。

その理由と方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

FF14のアカウントを守るためのワンタイムパスワード

アカウントの乗っ取りなんてへーきへーき

と思われているかもしれませんが、アカウントの乗っ取りは他人事ではありません。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

FF14は特に近年プレイ人数が増えたゲームであり、いつ何時狙われるかわかりません。

「初心者だから持ち物やギルはそんなに持ってないから大丈夫だよ」

思ったら大間違いです

仮にアカウントが乗っ取られた場合の被害として想定できることが以下となります。

FF14でアカウントが乗っ取られた場合の被害
  • 迷惑行為(RMTの宣伝)などに利用され、アカウントが利用停止になる
  • 所属しているフリーカンパニーのギルやアイテムが盗まれる

以上2点が大きな被害になります。順番にみていきましょう。

アカウント停止はそんなにまずいことなのか

アカウントは様々なものと紐付けられており、一度アカウントが「永久利用停止」になると二度とアカウントを作ることができません

ファイナルファンタジーXIV サポートセンター
雨宮心<br>
雨宮心

アカウントの利用停止はサッカーのイエローカード・レッドカードのイメージです

軽微なものなら警告、重たいものなら一発でアカウントの永久利用停止になります。

アカウントの乗っ取り被害で、一発で利用停止になった事例も見受けられます。

面倒と言えども、ワンタイムパスワードを入れて自らのアカウントを守った方が良いでしょう。

また、一番問題だと思うのは、自分の所属しているフリーカンパニーに迷惑をかけてしまう可能性があることです

フリーカンパニーには「フリーカンパニーチェスト」があり、共通で使えるアイテムやギルを保存することができます。

アカウントが乗っ取られて、このチェストの中身を持ち逃げされた事例もあります。

また、アカウントが乗っ取られて、迷惑行為をしてしまった場合はフリーカンパニーに所属している人たちも同様に白い目でみられてしまう可能性があります。

雨宮心
雨宮心

そのために、自分のアカウントを守る以外にも、

所属しているフリーカンパニーを守るという意味でもワンタイムパスワードを入れた方が良いでしょう。

ワンタイムパスワードの導入方法

ワンタイムパスワードの導入は非常に簡単です。

まず用意するものがありますので準備ください

まずスマートフォンを持っている場合は「ソフトウェアトークン」をインストールしてください。

スクウェア・エニックス アカウント|SQUARE ENIX

もしスマートフォンを持っていない場合こちらのトークンを購入する必要があります。

【送料無料】スクウェア・エニックス セキュリティトークン
オンラインゲームを安心快適にお楽しみいただ必要なセキュリティトークンが登場です。

おすすめはスマートフォンのソフトウェアトークンです。何より費用がかかりませんし、とってもお手軽です。

その後の流れはスクウェア・エニックスのHPに記載がありますが要約すると以下になります。

ソフトウェアトークン導入までの流れ
  1. アプリをインストール
  2. スクウェア・エニックス アカウント管理システムにログインする
  3. アプリ登録用のパスワードを発行する
  4. ダウンロードしたソフトウェアトークンを起動する

初心者が一番間違いやすいのが、

ログインしたあとにどこをクリックすれば良いかが分からない人が多いようです。

赤丸をクリック

サービス・オプションのをクリックして、ワンタイムパスワードをクリックしてください。

そうするとあとは画面の指示に従えばワンタイムパスワードを導入することができます。

ワンタイムパスワードを導入すると、ゲーム内で登録したテレポの場所が1箇所無料になるというメリットもあるので、これを機にワンタイムパスワードを導入してみてはいかがでしょうか?

この記事がよかったらクリックお願いします

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました