【FF14】吉田直樹×日野晃博のRPG観とゲーム制作観

FF14インタビューまとめ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

本日は吉田Pのインタビューまとめ第8弾電撃PlayStationさんより「吉田直樹×日野晃博」の対談です。

“吉田直樹×日野晃博”特別対談全文掲載! 日本が誇るコンテンツを手掛けた2人の語る“RPG観”とは?
『FFXIV』と『二ノ国』。日本が誇るコンテンツを手掛けたキーパーソンに、RPG制作の今を尋ねる――。3月29日発売の電撃PSに掲載された対談企画を全文掲載!

日野晃博氏は皆さんご存知でしょうか?

そう、あの妖怪ウォッチの制作会社である「レベルファイブ」の代表取締役でありゲームクリエイターでもあります。

FFXIV」と「妖怪ウォッチ」が再びコラボ! イベントが本日19日よりスタート - GAME Watch
FF14でもしばしばコラボが行われる

この2人はプライベートでも中が良く、お互いのゲームでコラボもしばしば行われます

この対談で二人がプライベートで会ったときに話す内容に触れられているのですが、ゲームの話しかしないという(笑)

また、この対談のメインは二人の「RPG観」です。

どのようなRPG観をもって、二人はゲームを作成しているのでしょうか?

吉田PはRPGを没入感の強い自己投影型のメディアにように思っているようです。

実際に小説などは受け身で、RPGは自己投影することによって小説や他のメディアよりも強い衝撃を受けることができるとのこと。

その流れでFF14のシナリオライターである織田万里さんと石川夏子さんの二人にも言及する場面があり、シナリオについて吉田Pがどのように考えているかが分かります。

さらにこの記事はちょうど吉田Pがスクウェア・エニックスに取締役に上がる直前の記事で、吉田Pが取締役を受ける際に言い放った言葉が強烈です。

無断転載は出来ませんの、是非本稿を読んでみてください。

はーとん
はーとん

本当にゲームづくりが好きなのだなぁという二人で、共感を持つことができました。

ゲーム好きな二人が対談しているので、ゲーマーには共感できる部分が多いように思えます。是非電撃PlayStationさんにアクセスしてみてくださいね(๑•̀ㅂ•́)و✧

この記事がよかったらクリックお願いします
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました