スポンサーリンク

【FF14】ワンタイムパスワードに設定できるアプリが追加!

FF14から学ぶ

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

先日、FF14のワンタイムパスワードを他のワンタイムパスワードアプリで一括管理ができることが発表されました。

「ワンタイムパスワード」のトークンに、各種認証アプリを利用可能に! | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
「ワンタイムパスワード」のトークンに、各種認証アプリを利用可能に!
はーとん
はーとん

FF14のワンタイムパスワードは今までスクウェアエニックスが提供しているアプリしかありませんでした。

しかし、今後はGoogleやマイクロソフトが提供しているワンタイムパスワード管理アプリでも、FF14にログインできるようになります。

そもそもワンタイムパスワードを入れる必要があるかどうかというと、

めっちゃあります。ワンタイムパスワードの導入は必須です。

あわせて読みたい

今日はワンタイムパスワードをちょっと簡単に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもワンタイムパスワードとは?

ワンタイムパスワードとは、文字通り「1度きりの使い捨てパスワード」です。

ログインIDとパスワード以外に、ワンタイムパスワードを設定することによって、より強固に自分のアカウントを守ることが出来ます。

では、ワンタイムパスワードはどこに表示されるのか?

それは「スマートフォン」です。

個人とスマートフォンを結びつけることによって、「その人しかログインできない状態をつくる」のです。

はーとん
はーとん

実際にスマートフォンのロックは指紋認証や顔認証でログインすることが多くなっています。

スマートフォンをなくしたとしても、簡単にワンタイムパスワードを表示させることはできません。

だから自分のアカウントを守るという点では、スマートフォンのワンタイムパスワードは非常に有効なのです。

FF14以外にも、ネット銀行のログインなどはワンタイムパスワード必須となっています。

それくらい、今現在通常のパスワードだけでは不正アクセスが出来てしまう世の中なのです。

「FF14でそこまで気にしなくていいだろう」

と思っている人も多いでしょう。

それは違います。

不正アクセスされたアカウントは、RMT(リアルマネートレード)にキャラクターが利用されたり、FCに入っている場合はカンパニーボックスのギルを持ち逃げされてしまうかもしれません。

あわせて読みたい

だから、絶対にワンタイムパスワードは導入したほうが良いのです。

確かに手間かもしれませんが、自分以外の「周りの人達を守る」という点で導入は必須です。

【FF14】「あれこれ言い訳して頑なにワンタイムパスワードを入れないFCメンがいる」 ← アカウントが乗っ取られる可能性もあるし絶対入れたほうがいいぞ!! : 馬鳥速報

Googleとマイクロソフトのワンタイムパスワード

色々なサイトで要求されるワンタイムパスワードを一括に管理できるアプリが「Google Authenticator」や「Microsoft Authenticator」となります。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
Microsoft Authenticator
Microsoft Authenticator
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

この2つアプリで様々なサイトのログインにワンタイムパスワードを設定することができます。

例えばTwitterやAmazonへのログインは通常ワンタイムパスワードの設定はありません。

しかし、上記のアプト紐付けすることでワンタイムパスワードを設定することができるのです。

2段階認証アプリ「Google認証システム」の使い方と移行方法
アカウントの乗っ取り対策として有効な対策が2段階認証です。2段階認証はメールアドレスとパスワードに加えて、スマートフォンに送信される認証コードを入力してログインするというもの。認証コードは数十秒しか使
はーとん
はーとん

上記のサイトが非常に参考になります。

こうして様々なログインにワンタイムパスワードを設定できるというのはとても便利です。

不正アクセスされてからでは「時既に遅し」ですからね…

もちろん、現在スクウェアエニックスが提供している「ソフトウェアトークン」を利用している場合はそのままで全く構いません。

現在様々なサイトでワンタイムパスワードを活用している方は、乗り換えを検討しても良いと思います。

また、新しくワンタイムパスワードを導入しようと思っている方は選択肢が増えたので自分のアカウントを守るという点で導入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事がよかったらクリックお願いします
タイトルとURLをコピーしました