【FF14】吉田直樹×松野泰己 リターン・トゥ・イヴァリース開発秘話

FF14インタビューまとめ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

本日はアライアンスレイドである「リターン・トゥ・イヴァリース」のシナリオを書いた松野泰己氏と吉田直樹プロデューサー兼ディレクターの対談をご紹介します。

『FFXIV』リターン・トゥ・イヴァリース完結記念! 秘話満載で贈る松野泰己氏&吉田直樹氏特別対談【電撃PS】
『FFXIV』のアライアンスレイドシリーズ“リターン・トゥ・イヴァリース”完結を記念した特別対談! 松野泰己氏&吉田直樹氏に制作秘話をうかがってきました!
はーとん
はーとん

かなり長い対談なので、時間があるときに読むことをオススメいたします。

内容は「リターン・トゥ・イヴァリース」を作っていて、松野氏からみたFF14の開発陣の感想や、FFタクティクスをどうFF14のシナリオに持っていくかなどが語られています。

そもそも吉田氏は松野氏をゲームクリエイターとして尊敬しており、ずっと一緒に仕事がしてみたかったとも語られています。

あわせて読みたい

はーとん
はーとん

私がこの電撃プレイステーションの対談の中で印象に残っているのは「ラムザたちをどう描くか」です。

FFタクティクスの本編ではラムザたちは生きていて、他の場所で冒険をしています。

けれど、プレイヤーの一部(もしくは多くは)ラムザたちが死んだと思っているので、そこをもっと深くifという形で描こうと思ったそうです。

非常に長く、読み応えのある対談でした。

ぜひFFタクティクスが好きな人も、FF14が好きな人も読んでもらいたい対談となっています。

この記事がよかったらクリックお願いします

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました