【FF14】PlayStation5版でコントローラーはどう変わるか?

ゲーミング製品を学ぶ
スポンサーリンク

光の戦士皆さんこんにちは、はーとんです。

先日とうとう発表されました。

PlayStation5版ファイナルファンタジー14の発売が!

はーとん
はーとん

オープンβテストなので、まだまだこれからという感じですが、勝手な予測としてパッチ6.0の発売に合わせるのではないでしょうか?

新しい拡張は大きなイベントですから、そこに合わせてPS5版の発売ということは十分に考えられます。

もしかして、パッチ6.0と合わせて発売されるのであれば、「FF14限定コラボPS5」とかも出るかもしれませんねw

さて、PlayStation5でFF14がプレイできるということは、コントローラーにも大きく注目せねばなりません

なぜなら、PlayStation5のコントローラーは今までのコントローラーとひと味違うのですから。

スポンサーリンク

PlayStation5のコントローラー

PlayStation5のコントローラーは一味違うのは何が違うのか?

それは、DualSenseデュアルセンスと呼ばれる機能です。

DualSenseデュアルセンスの機能
  • ハプティックフィードバック…ゲーム内の状況に応じて振動が変化、質感・反動を体感
  • アダプティブトリガー…強さ・張力などゲーム上のアクションを体感

もっと簡単に言うと、今まで以上に振動が変化するし、アクション面では武器のトリガーの重さをもっと感じられるようになるということです。

実際に動画が掲載されているengadgetさんをリンクしておきますので、一度見てみてください。

PS5の新コントローラDualSenseを試す。アダプティブトリガー・ハプティックフィードバックの表現力に驚き - Engadget 日本版
プレイステーション5の新型コントローラ、「DualSense」の使用感レビューをお伝えします。
はーとん
はーとん

もっと質感を感じることのできるコントローラー(ゴクリ)。

デュアルショックコントローラーはどうしても振動しかプレイヤーに伝えることができませんでした。

しかし、デュアルセンスのコントローラーは細かい振動(コツコツ・ザラザラ)を伝えることで手のひらにゲームの世界を落とし込むことに成功しているようです。

ではPS5に対応するFF14は、このデュアルセンスを活かすことが出来るのでしょうか?

海外インタビューに興味深い吉田Pのコメントが掲載されています。

吉田P「プレイステーション5版に興味を持っていただきありがとうございます。マウントに乗ったり、戦闘に参加したりするときなど、DualSenseデュアルセンスコントローラーの機能を利用できるように、実際に詳細な調整が組み込まれています。誰もがオープンベータを始めたら、このデュアルセンスのフィードバックを受け取るのは素晴らしいことです!(もちろん、PS5コンソールを手に入れることができれば…)

エオルゼアの質感を触れてみてぇ

はーとん
はーとん

うーん、このコントローラーでエオルゼアの質感を体験してみたいものです。

マウントとかで振動が細かく変わったりするのですかね?

詳細は待つしかありませんが、このデュアルセンスのコントローラーはパソコンなどには対応していないのでしょうか?

PlayStation5のコントローラーをPCで使う

調べてみると、PlayStation5のコントローラーをPCで使うことは出来るようです。

PS5のDualSenseはAndroidやPCと接続可能 - Engadget 日本版
ソニーの新型ゲーム機「PlayStation 5」にて、コントローラー「DualSense」のAndroidスマートフォンやPCへの対応が確認されています。

Steam(ゲームダウンロードのプラットフォーム)でも正式に対応しています。

Steam、PS5コントローラー「DualSense」に正式対応!有線・無線ともに使用可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
PCで手軽にPS5コントローラーが使えるように。
はーとん
はーとん

しかし、どれもプレイヤーの気になる点を紹介していません。

ハプティックフィードバックやアダプティブトリガーに対応しているとはどこにも書いてないのです

吉田Pのことだから、PlayStation5版ファイナルファンタジー14が出たタイミングでPC側でこれらのコントローラー機能を使えるようにすると思っているのですが…あくまでも願望に過ぎません。

もしこのデュアルセンスの評判が良ければ、PlayStation5版のファイナルファンタジー14の購入もやぶさかではないです。

続報を期待しましょう。

この記事がよかったらクリックお願いします
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました