【FF14】マイディーさんの死後の対応を外野が運営に言うのは違う

FF14から学ぶ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

正直物凄く無配慮なコメントに対しての憤りが込み上げています。

先日マイディー氏の逝去に対してtwitter上では多くのお悔やみの言葉が述べられていました。

しかし、その中で「氏の功績を讃えNPC化しよう」「石碑をFF14内に立てて欲しい」という言葉が運営に投げかけられており、非常に残念に思います

まずマイディーさんはただのプレイヤーです。私達と同じ光の戦士です。

功績は大きく、著名であることも分かりますが、その功績などの実績を外野が運営に求める浅はかな考えに憤りを覚えます

ご遺族やご本人の遺言、またFCの「じょびネッツア」の面々が求めるであれば理解はできます。

マイディーさんに親しい人たちがNPC化や石碑を建てることを望まないかぎり、こうした意見はお門違いも甚だしいのではないでしょうか?

私達外野がマイディーさんの死後にあれこれ運営に求めることは、ご遺族やFCメンバーの方々の迷惑になりかねないことが分からないのでしょうか?

実際に、こうした意見を公式のtwitterコメント欄に書いたことで、コメント欄は阿鼻叫喚です。

マイディーさんを知らない一般プレイヤーがどう思うのか、また明らかに反対者もでる意見を述べ世論が2分化することで、ご遺族やFCが悲しむきっかけになりえるということが何故考えることできなかったのか?

川端康成が「人間は、みんなに愛されているうちに消えるのが一番だ」という言葉を残している通り、マイディーさんが多くの光の戦士に愛されていることはわかります。

しかし、残った光の戦士たちが氏の死を汚してどうするのですか?

あくまでも私自身も一意見ということは認識しています。

こうして記事化し、問題点を顕在化することもどうかと思う節はあります。

しかし、あまりにも多くの人達が無理解すぎる

この記事がこの騒動の沈静化に一役買えればと思っています。

改めて氏のご冥福をお祈りします。

この記事がよかったらクリックお願いします

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました