【FF14】インテルおわってる?Ryzen5000番台発売!漆黒のヴィランズベンチマークまとめ

ゲーミング製品を学ぶ
スポンサーリンク

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

日本時間11/6午後7時にAMD社の「Ryzen5000シリーズ」が発売されました。

パソコン工房より

これは、「Ryzen3000シリーズの純粋な後継機として期待がかけられていたもので、発表から市場を賑わしていました

実際に、CPUの歴史を辿ると面白いことがわかったので、どこかの機会でまとめますが、皆さんに知って欲しいことは「intelのCPUがゲームに強い時代は終わった」ということです。

ゲームのベンチマークソフトでは過去全てと言っていいほど、intelのCPUの方がベンチマークスコアが高かった

今回のRyzen5000シリーズはintelにとどめを刺すレベルでゲーム性能が上がっています。

今回は新しいRyzen5000シリーズがFF14のベンチマークでどれくらいの数字を出しているかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

Ryzen5000シリーズ 漆黒のヴィランズベンチマーク結果 

漆黒のヴィランズのベンチマーク結果が載っている各種ページをまとめました。

4Gamer  PCウォッチ エルミタージュ秋葉原

各ページでは、「Core i9-10900K」(Ryzen 9 5900Xの競合製品10コア20スレッドのCPU)とのベンチマークが載っているので非常に興味深い結果となっています

結果は「Ryzen5000シリーズの圧勝」です。

ベンチマークの数字の目安としては以下となります。

1920×10802440×1440
Core i9-10900K23,000~26,00021,000~23,000
Ryzen7 5800X28,000~28,70025,000~25,200
Ryzen9 5900X28,100~29,00025,100~26,000
RTX3080~RTX3090のスコア

フルHD(1920×1080)ではRTX3080とRTX3090はオーバースペック。2K(2440×1440)~4Kでその性能に差が出る。

使っているマザーボードなどが違うため、各ベンチマークは若干の差異があります。

しかし、どのベンチマークスコアを見ても「Ryzen5000シリーズ」が圧勝しています。

はーとん
はーとん

ファイナルファンタジー14ならびに多くのPCゲームはintelのCPUに最適化されています。

その中で「ゲームCPU王者」と自称しているintelの「Core i9-10900K」にRyzenが圧勝しているため、歴史が変わった瞬間です。

特に「Ryzen7 5800X」は最上級モデルではないのに、intelの最上級モデルCore i9-10900Kに圧勝しているところがすごいです。

今後ゲーム市場のCPUは塗り替えられる

今回のベンチマークの結果を受け、ゲームPC市場のCPU勢力図は塗り替えられるでしょう。

先述した通り「ゲームだったらintel」というintelの最後の砦が崩れたわけです。

更にゲーム性能以外もintelよりもRyzenの方が上回っているため、もうPCのCPUでintelを選ぶ必要性はないでしょう。

intel vs AMDの歴史に終止符?

そして11/18以降にはAMD社のグラフィックボード「Radeon6000シリーズ」が販売されます。

巷で流出しているベンチマーク結果では、「Radeon6800XT」は「RTX3080」の性能を超える勢いで、さらに価格も安いとか…

はーとん
はーとん

しばらくはCPUは「Ryzen」グラフィックボードは「Radeon」の時代が来るかもしれませんね。

しかし、グラフィックボードの「Radeon」は過去の製品では安定性の面で大きな問題を抱えていました。

安定性の面をクリアして、グラフィックボードも覇権を握れるか?!

今から楽しみでなりません。

あわせて読みたい

この記事がよかったらクリックお願いします

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました