【FF14】吉田Pが語るコロナを利用しなかった理由

FF14インタビューまとめ

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

本日は海外インタビュー翻訳第2弾です。

Yoshi-P: “without WoW, FFXIV’s recovery wouldn’t have been possible”
We chat to Naoki Yoshida about dream MMO projects, being a Blizzard fanboy, and the importance of playing the game you work on
はーとん
はーとん

このインタビュー、相当読み応えがあります。

他の海外インタビューがパッチ6.0のことを聞くのに終始しているのと比べると、コロナでの話から始まり過去のMMOの話まで多岐に広がっています

まず、昨年のコロナでプレイヤー数が増大したことについて、吉田Pは以下のように述べています。

そうですね、FFXIVでは多くの新規プレイヤーが冒険を始めており、アクティブプレイヤーとしては新たなピークを迎え続けています。

しかし、運用チームでは、パンデミック中の積極的なPRキャンペーンを控えることを決定し、パンデミックの状況が緩和されるのを意図的に待っていました。世界がパンデミックの危機に瀕している中で、私たちがコロナをビジネスチャンスとして利用しているように、プレーヤーに感じてほしくありませんでした

いくつかのキャンペーンをキャンセルし、PR活動を控え、パッチリリースを最優先しました。

pcgamesn.com Yoshi-P: “without WoW, FFXIV’s recovery wouldn’t have been possible”より
はーとん
はーとん

実はコレ、過去吉田Pがラジオ「ワンモーニング」で語っていました。

決してコロナをプレイヤー拡大に利用しない。コロナを利用することでプレイヤーが悲しくなるようなことを言っていました

実際に、コロナでお家時間が増えたため、様々なコンテンツが「バブル」と呼ばれる状態でした。

ゲーム市場もその1つです。

ゲーム機器の転売は記憶にも新しいと思います。

そんな中、吉田Pはコロナの時期のPRを一切やめました

プレイヤーが誇りを持っているFF14がコロナを利用している…なんて思われたプレイヤーを裏切ることになります

このコメントが読めるのはこの記事だけなので、ぜひ多くの人に読んでもらいたいと思います。

これだからFF14は信頼できる、と私は思っています。

この記事がよかったらクリックお願いします
タイトルとURLをコピーしました