【FF14】グッズ「愛用の紀行録」を購入してみた

FF14から学ぶ

光の戦士の皆さんこんにちは、はーとんです。

発売発表から予約した「ファイナルファンタジーXIV シナリオブック 愛用の紀行録 Vol.1(新生編/蒼天編/紅蓮編)」が発売されました。

ファイナルファンタジーXIV シナリオブック 愛用の紀行録 Vol.1(新生編/蒼天編/紅蓮編)
『新生エオルゼア』、『蒼天のイシュガルド』、『紅蓮のリベレーター』のゲームシナリ

これがどのような内容なのか、皆さんはご存知でしょうか?

『新生エオルゼア』、『蒼天のイシュガルド』、『紅蓮のリベレーター』のゲームシナリオを収録したシナリオブックが登場。冒険者の紀行録をイメージした豪華上製本、3冊セットの商品となります。メインクエストのセリフを、選択肢による分岐やクエストコンプリート状況の違いによる会話内容の変化なども含めて掲載

e-Store 商品説明ページより https://store.jp.square-enix.com/item/4988601502528.html
はーとん
はーとん

ゲーム中でも、宿屋等で「愛用の紀行録」を開けば選択肢を選んでシーンを確認することができます。

その内容がすべて書籍にまとまっているのですから、買わずにはいられません。

そして先日…とうとう到着しました!

本日はそんな「愛用の紀行録」をレビューしたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

キャラの動作まで掲載

とても細かく作り込まれています。

キャラクタの動作まで、全て書き込んであるので、ビジュアルがイメージしやすいものとなっています。

しかし!

その分サイズも相まって、文量が多く読みすすめるのには根気がいります。

はーとん
はーとん

もともと全部を読むつもりではありませんでしたが、サイズ感もありこれを読破するのは厳しい!

というのが正直な感想です。

しかし、実際に中身を読むと、当時のプレイが思い出されます

ついつい新生編を読み始めたら、冒険の初心に帰ることができました(笑)

それくらい、登場人物の描写が細かく、プレイヤーの動作も書いてあります

装丁も含めて価値ある1冊

読み進めているうちに、この紀行録への愛着がどんどんでてきます

本当に宿屋で紀行録を見ている感覚

その要因の一端を担うのがこの美しい装丁です。

新生にはメテオのマークが、蒼天のイシュガルドでは裏にドラゴンの爪痕が、紅蓮のリベレーターには独立旗が。

これの装丁が、より一層紀行録を読むことへの没入感を高めてくれます

久しぶりにこれほど美しい、ゲームの中のアイテムがそのまま現実になったような品に会いました。

これだけでも所有欲が満たされます。

迷われている方は、買ったほうが良いと思います。

かなり装丁の出来は良いです

気になる方は、スクエニのeストアからどうぞ!

この記事がよかったらクリックお願いします
ファイナルファンタジーXIV シナリオブック 愛用の紀行録 Vol.1(新生編/蒼天編/紅蓮編)
『新生エオルゼア』、『蒼天のイシュガルド』、『紅蓮のリベレーター』のゲームシナリ
タイトルとURLをコピーしました